BigBossのスプレッドは狭い? 他社の口座との比較&基礎知識も徹底解説!

BigBoss

BigBossで取引をしたいけど、スプレッドが狭いのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

スプレッドの狭さを調べたくても、いちいちデモ口座を開設して確認するのは面倒ですよね?

そこでこの記事では、

  • BigBossの口座のスプレッドを比較
  • BigBossのスプレッドについての基礎知識
  • 他社のスプレッドとの比較

などについて詳しく解説します。

この記事を読めば、BigBossのスプレッドが狭いのかどうかわかります。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

BigBoss公式ページで詳しく見る

BigBossのスタンダード口座のスプレッドを比較

BigBossでFXの取引ができるのは、スタンダード口座とプロスプレッド口座の2種類です。

そこでまずは、スタンダード口座のスプレッドを、通貨ペアごとに比較してみましょう。

FX通貨ペアのスプレッド

まずは、FX通貨ペアのスプレッドを比較してみます。どの通貨ペアも実際にリアルタイムで確認したものなので、ぜひ参考にしてみてください。

ドルストレートのスプレッド

以下の表はドルストレートのスプレッドです。

通貨ペア スプレッド
USD/JPY 1.7pips
EUR/USD 1.7pips
GBP/USD 2.7pips
AUD/USD 1.7pips
USD/CAD 2.6pips
NZD/USD 2.4pips
USD/CHF 2.0pips

どの通貨ペアのスプレッドも狭くもなく広くもない水準です。ただし、ポンドドルとキウイドルのスプレッドは、やや広い傾向にあります。

クロス円のスプレッド

次にクロス円のスプレッドを確認しました。

通貨ペア スプレッド
EUR/JPY 2.0pips
GBP/JPY 3.1pips
AUD/JPY 2.1pips
NZD/JPY 3.0pips
CAD/JPY 2.4pips
CHF/JPY 3.5pips

クロス円は、ドルストレートとは違い、2つの通貨ペアの組み合わせで価格が決まります。例えば、EUR/JPYはEUR/USDとUSD/JPYの複合通貨です。

その分、ドルストレートの通貨ペアと比較すると、スプレッドが広がる傾向にあります。

特に、スイス円のスプレッドは3.5pipsと広いですね!

マイナー通貨のスプレッド

BigBossでは、主要な通貨ペアだけでなく、マイナー通貨の取引も可能です。それぞれのスプレッドについて比較してみました。

通貨ペア スプレッド
AUD/CHF 2.7pips
AUD/NZD 2.6pips
CAD/CHF 2.8pips
EUR/AUD 2.9pips
EUR/CAD 3.3pips
EUR/CHF 2.9pips
EUR/GBP 2.6pips
EUR/NZD 3.9pips
GBP/AUD 2.5pips
GBP/CHF 3.7pips
NZD/CAD 2.8pips
USD/CNH 1.8pips
USD/SGD 3.3pips
AUD/CAD 2.9pips
GBP/CAD 4.4pips
GBP/NZD 6.3pips
USD/HKD 2.5pips
USD/RUB 10.6pips
USD/TRY 102.3pips
USD/ZAR 102.0pips

スプレッドの狭さは通貨ペアによってまったく違います。特に以下の3通貨については、新興国通貨である点から、スプレッドがとても広い傾向です。

  • USD/RUB
  • USD/TRY
  • USD/ZAR

したがって、スキャルピングには不向きでしょう。

CFD商品のスプレッド(貴金属・原油・株式指数)

スタンダード口座ではCFD商品の取引も可能です。それぞれのスプレッドは以下の表の通りです。

通貨ペア スプレッド
XAG/USD 17.7pips
XAU/USD 11.0pips
HSI 7.5pips
N225 13pips
NDX 6.0pips
SPX 1.9pips
UK100 6.7pips
STOXX50E 2.2pips
WS30 10pips
UKBrent 8.0pips
USCrude 8.0pips

概ね、どの商品もスプレッドは広い傾向にあります。特にゴールドやシルバーのスプレッドは10pipsを超えているので注意しなければなりません。

CFDのスプレッド(仮想通貨)

次に、仮想通貨のCFD商品のスプレッドを比較してみました。

通貨ペア スプレッド
BTC/USD 130pips
BTC/JPY 40pips
ETH/USD 10.0pips
ETH/JPY 13.8pips
LTE/USD 22.2pips
XRP/USD 9.0pips
BCH/USD 5.3pips
EOS/USD 7.3pips
NEO/USD 11.5pips

仮想通貨のスプレッドは広い傾向です。とはいえ、値動きの激しさはFX以上なので、稼ぎやすい商品です。

BigBossのプロスプレッド口座のスプレッドを比較

ここからは、BigBossのプロスプレッド口座のスプレッドを比較します。プロスプレッド口座は、スタンダード口座よりも狭いスプレッドを提供する口座です。

スプレッドが狭くなる代わりに、1ロットの取引ごとに往復で9ドルの手数料(0.9pips相当)が徴収されます。

したがって、MT4に表示された数値は実際のスプレッドではありません。実際には、MT4に表示された数値に加えて9ドルの手数料が上乗せされます。

また、プロスプレッド口座では、CFD商品の取引ができないので注意してください。ただし、気配値の確認は可能です。

ここからは、FXの通貨ペアのスプレッドを比較した結果を発表します。

海外FXの注文方式についてはこちら!

ドルストレートのスプレッド

まずは、ドルストレードのスプレッドです。

通貨ペア スプレッド 取引手数料込みのスプレッド※
USD/JPY 0.4pips 1.3pips
EUR/USD 0.8pips 1.7pips
GBP/USD 1.5pips 2.4pips
AUD/USD 0.9pips 1.8pips
USD/CAD 1.5pips 2.4pips
NZD/USD 1.4pips 2.3pips
USD/CHF 0.8pips 1.7pips

※1ロットあたり往復

スタンダード口座よりもかなり狭いスプレッドです。例えば、ドル円はスタンダード口座の1.7pipsから1pips以上もスプレッドが狭くなります。

取引手数料を加えても、プロスプレッド口座の方がスプレッドは狭いでしょう。

クロス円のスプレッド

次にクロス円のスプレッドを比較しました。

通貨ペア スプレッド 取引手数料込みのスプレッド※
EUR/JPY 0.9pips 1.8pips
GBP/JPY 1.7pips 2.6pips
AUD/JPY 1.4pips 2.3pips
NZD/JPY 1.7pips 2.6pips
CAD/JPY 1.3pips 2.2pips
CHF/JPY 1.9pips 2.8pips

※1ロットあたり往復

クロス円のスプレッドもスタンダード口座よりも狭い水準です。そのため、スキャルピングにはぴったりですね!

マイナー通貨のスプレッド

最後のマイナー通貨のスプレッドを比較してみましょう。

通貨ペア スプレッド 取引手数料込みのスプレッド※
AUD/CHF 1.6pips 2.5pips
AUD/NZD 1.7pips 2.6pips
CAD/CHF 2.0pips 2.9pips
EUR/AUD 1.7pips 2.6pips
EUR/CAD 2.0pips 2.9pips
EUR/CHF 1.5pips 2.4pips
EUR/GBP 1.3pips 2.2pips
EUR/NZD 3.0pips 3.9pips
GBP/AUD 2.3pips 3.2pips
GBP/CHF 2.7pips 3.6pips
NZD/CAD 1.7pips 2.6pips
USD/CNH 0.7pips 1.6pips
USD/SGD 2.0pips 2.9pips
AUD/CAD 2.0pips 2.9pips
GBP/CAD 3.1pips 4.0pips
GBP/NZD 5.0pips 5.9pips
USD/RUB 9.1pips 10.0pips
USD/TRY 132.4pips 141.4pips
USD/ZAR 75.0pips 84.0pips

※1ロットあたり往復

マイナー通貨のスプレッドもプロスプレッド口座の方が明らかに狭いですね!

USD/RUBやUSD/ZARなども例外なく狭くなっています。

このように、プロスプレッド口座のスプレッドは、いずれもスタンダード口座よりも狭い水準です。

取引手数料を含めても、プロスプレッド口座の方が取引コストを抑えられます。

BigBossのスプレッドについての基礎知識3つ

BigBossで取引する際には、スプレッドについて知っておくべき点が3つあります。

  1. BigBossのスプレッドは常に変動する
  2. FXの取引は取引ボーナスが引かれるのでスプレッドが狭くなる
  3. 早朝のスプレッドは広がりやすいので注意

知らない状態でトレードすると、取引コストがかかりすぎるケースもあるので、必ず把握しておきましょう。

1.BigBossのスプレッドは常に変動する

BigBossのスプレッドは、常に変動します。そのため、国内FXのようにほぼずっと同じスプレッドではありません。

注意しなければならないのは、取引するタイミングによって、スプレッドが狭くなったり広がったりする点です。

例えばBigBossのスタンダード口座のUSD/JPYは、いつも1.7pipsではありません。1.5pips〜1.8pips前後で動き続けています。

2.FXの取引は取引ボーナスが引かれるのでスプレッドが狭くなる

BigBossでは、どちらの口座も1ロットの取引ごとに4ドルのボーナスがもらえます。

そのため、実際はMT4に表示された数値から0.4pipsほど引かれたスプレッドで取引できます。

例えば、EUR/JPYの取引をする場合、以下のようにスプレッドが狭い結果に。

口座 スプレッド 取引ボーナスを差し引いた後のスプレッド
スタンダード口座 2.0pips 1.6pips
プロスプレッド口座 1.8pips 1.4pips

取引ボーナスが引かれた結果、他のFX業者と同じくらいの水準まで狭くなる通貨ペアもあります。

3.早朝のスプレッドは広がりやすいので注意

BigBossに限らず、早朝の取引は避けた方が無難です。

なぜなら早朝の時間帯は、市場参加者が著しく少なくなるため、スプレッドが大きく広がるからです。

以下の画像は、スタンダード口座とプロスプレッド口座の早朝時間のスプレッド。

▼スタンダード口座の早朝時間のスプレッド

▼プロスプレッド口座の早朝時間のスプレッド

どちらの口座もスプレッドがかなり広がるので、スキャルピングやデイトレードをした場合、確実に大損します。

BigBossのスプレッドは他の海外FX業者と比較して狭い?

BigBossのスプレッドが他の海外FX業者と比較してどうなのか気になっている方は多いでしょう。

そこで、スタンダード口座とプロスプレッド口座のスプレッドをそれぞれ比較してみました!

スタンダード口座のスプレッド

まずは、XM、Titan FX、LAND-FXの3社とスタンダード口座のスプレッドを比較してみましょう。

通貨ペア BigBoss XM Titan FX LAND-FX
USD/JPY 1.3pips 1.7pips 1.3pips 1.0pips
EUR/JPY 1.6pips 2.3pips 1.4pips 1.6pips
GBP/JPY 2.7pips 3.8pips 1.7pips 1.7pips
AUD/JPY 1.7pips 3.5pips 1.5pips 1.7pips
EUR/USD 1.3pips 1.6pips 1.2pips 1.1pips
GBP/USD 2.3pips 2.6pips 1.4pips 1.1pips
AUD/USD 1.3pips 1.9pips 1.3pips 1.5pips

※BigBossは取引ボーナスを引いたスプレッド

BigBossのスプレッドは狭いとはいえません。ただ、取引ボーナスが引かれると、他の海外FX業者と同水準まで狭くなります。

ただ、ポンド系の通貨ペアについては、スプレッドが広い傾向にあるので注意してください。

ECN方式の口座

次にECN方式の口座も同様に比較してみましょう。なお、どの業者も往復の取引手数料を足したスプレッドで比較します。

通貨ペア BigBoss XM Titan FX LAND-FX
USD/JPY 1.0pips 1.1pips 1.0pips 1.0pips
EUR/JPY 1.4pips 1.4pips 0.9pips 1.1pips
GBP/JPY 2.2pips 2.2pips 1.9pips 1.6pips
AUD/JPY 1.9pips 2.5pips 1.1pips 1.0pips
EUR/USD 1.3pips 1.0pips 0.9pips 0.9pips
GBP/USD 2.0pips 1.4pips 1.4pips 1.6pips
AUD/USD 1.4pips 1.5pips 1.0pips 0.9pips

※往復の取引手数料込みのスプレッド。BigBossは取引ボーナスを引いたもの。

BigBossのスプレッドは他社よりも広い傾向があります。しかし、取引ボーナスが引かれれば、XMよりも狭くなる通貨ペアもあるでしょう。

海外FX業者9社のスプレッドの比較はこちら!

まとめ:BigBossのスプレッドは狭いとはいえないが他の業者にはない魅力がある

BigBossのスプレッドは他の業者よりも狭いとはいえません。特にボーナスを提供せず、取引環境に力を入れている業者との差があります。

しかし、BigBossには他の業者にはない魅力がいくつかあります。

  • プロスプレッド口座もボーナスがもらえる
  • 最大レバレッジ999倍で取引できる

BigBossのプロスプレッド口座は、海外FX業者では珍しく、常時開催中の取引ボーナスや入金ボーナス(不定期)の対象に含まれます。

そのため、証拠金を増やしやすいでしょう。

また、レバレッジも999倍と高い水準なので、より大きく稼げる可能性がある業者といえます。

口座開設もたった3分とすぐに取引を始められるので、口座開設してみてください!

BigBoss公式ページで詳しく見る

タイトルとURLをコピーしました