【完全版】BigBossのFOCREX口座とは? 特徴&使い方を解説!

BigBoss

BigBossにはFXの取引ができるスタンダード口座やプロスプレッド口座の他に、FOCREX口座があります。

ただ、FOCREX口座と同じく仮想通貨の取引ができるスタンダード口座との違いや使い方がよくわからない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

  • FOCREX口座の特徴
  • スタンダード口座との違い
  • FOCREX口座の使い方

などについて詳しく解説します。

この記事を読めば、初めてFOCREX口座に興味を持った方でも、どのような特徴があるのかわかるようになるでしょう。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

BigBoss公式ページで詳しく見る

BigBossのFOCREX口座の特徴を解説!

FOCREX口座とは、BigBossがプロデュースしている仮想通貨専用の取引口座です。他口座のようにFXの取引はできません。

まずは、FOCREX口座がどのような特徴を持っている口座なのか解説します。

  1. 現物取引のみできる口座
  2. FOCREX口座は追証なし
  3. EXコインが取引できる唯一の取引所

詳しく見ていきましょう!

1.現物取引のみできる口座

FOCREX口座は、仮想通貨の現物取引(レバレッジ1倍)ができる口座です。

例えば、BTC/JPYの価格が200万円の場合、現物取引しかできないFOCREX口座では200万円の資金が必要です。

しかし、レバレッジ取引ではないので、強制ロスカットによりポジションが決済される心配はありません。

したがって、自分でポジションを決済しない限りは、損をしないのです。

また仮想通貨の価値がゼロにならない限りは、どんなに含み損を抱えても、価格が上昇するまで保有し続けることもできます。

2.FOCREX口座は追証なし

BigBossのFOCREX口座では追証がありません。追証とは、含み損が拡大し証拠金維持率が一定の水準以下になると、追加で証拠金の入金を求められる制度のこと。

含み損が口座残高を大幅に超えるケースも珍しくありません。追証がある国内FXの利用者の中には、追加証拠金の入金ができずに数百万円以上の借金を抱えた方も多くいます。

なお、一部のサイトでは「BigBossのFX取引用口座は追証がないけど、FOCREXは追証があるので注意」と記載があります。

しかし、この点について真偽を確かめるためにBigBossのサポートへ問い合わせをしたところ、事実ではないことがわかりました。

サポートの方は、追証システムは証拠金取引(レバレッジ取引)に使用できるシステムと説明してくださいました。

BigBossのFOCREX口座は、国内FXのように追証により借金を抱えるリスクはないので、安心して取引が可能です。

3.EXコインが取引できる唯一の取引所

BigBossのFOCREX口座は、世界で唯一EXコインの取引ができる取引所です。

EXコインとは、有名な金融ファンドマネージャーである房広治氏とSuicaに使われているFeLicaカードを作った日下部進氏により共同開発された仮想通貨です。

他の仮想通貨とは違い、価格が下がっても買い支えられる機能を持っているので、価格が50%以下になりません。

そのため、暴落リスクの低い仮想通貨です。

まだまだ認知度は高くないものの、過去には価値が数十倍に跳ね上がった仮想通貨も存在します。

将来的にEXコインの価値が上がると考えている方は、今のうちにFOCREX口座で取引をしてみてください。

BigBossがビットコインのトレードをするメリットはこちら!

スタンダード口座とFOCREX口座の4つの違い

BigBossでは、FOCREX口座だけでなくスタンダード口座でも仮想通貨の取引ができます。

では、この2つの口座にはどのような違いがあるのでしょうか?

  1. FOCREX口座はレバレッジをかけられない
  2. 取り扱っている銘柄が違う
  3. ボーナスの対象にはならない
  4. 入金時の違いはないが、仮想通貨での出金が可能

詳しく解説しますね!

1.FOCREX口座はレバレッジをかけられない

FOCREX口座では、現物取引しかできません。他方、スタンダード口座では、最大レバレッジ20倍で取引ができます。

そのため、FOCREX口座よりも少ない資金でトレードができ、大儲けを狙いやすいのはスタンダード口座です。

BTC/JPYの価格が200万円の時に保有できる取引量、価格が100万円上昇した場合に得られる利益について比較したのが以下の表です。

口座 スタンダード口座 FOCREX口座
最大レバレッジ 20倍 1倍(現物取引)
200万円で保有できる取引量 20BTC 1BTC
100万円上昇した際に得られる利益※ 2,000万円 100万円

※買えるだけ買った場合

スタンダード口座の方が、多くの量を保有できるので、100万円上昇した時に得られる利益も増やしやすいでしょう。

ただし、必ずしもスタンダード口座がよいとは限りません。なぜなら価格が下落した場合、スタンダード口座で取引をすると大損する可能性があるからです。

ましてや、仮想通貨の値動きの激しさはFX以上です。過去にはたった半年足らずでビットコインの価格が94%も下落した事例もあります。

そのため、仮想通貨を長期的に取引したい方や大損するリスクは避けたい方は、FOCREX口座の利用をおすすめします。

2.取り扱っている銘柄が違う

BigBossのスタンダード口座とFOCREX口座では取り扱っている仮想通貨の種類が異なります。

通貨ペア スタンダード口座 FOCREX口座
BTC/JPY
BTC/USD
ETH/JPY
ETH/USD
LTC/USD
XRP/USD
BCH/USD
NEO/USD
EOS/USD
EXC/USD
ETH/BTC
NEO/BTC

スタンダード口座では9種類、FOCREX口座では6種類の取引ができます。

FOCREX口座のみの特徴は、3つ。

  • 円建ての仮想通貨を取引できない
  • BTC建ての通貨を取引できる
  • EXコインを取引できる

スタンダード口座で取引できる通貨ペアは、他の海外FX業者の一部でも扱っています。

しかし、BTC建ての取引ができるFX業者は少なく、EXコインの取引はFOCREX口座でしか取引できません。

そのため、取引できる通貨ペアでどちらの口座を選ぶか決めてもよいでしょう。

3.ボーナスの対象にはならない

BigBossのスタンダード口座は、不定期で開催される入金ボーナスや常時開催中の取引ボーナスがもらえます。(FXの取引のみ)

ところが、FOCREX口座では、一切ボーナスがもらえません。したがって、ボーナス目的でFX業者を選んでいる場合は、スタンダード口座を選んでください。

スタンダード口座で仮想通貨の取引をした場合もボーナスの対象外です。しかし、FXの取引で増えたボーナスを元手に、仮想通貨の取引をするのはOKです!

入金ボーナスの概要はこちら!

4.入金時の違いはないが、仮想通貨での出金が可能

FOCREX口座に入金する場合、他の口座と同じように手続きができます。大きな違いは、仮想通貨での出金ができる点です。

さらに、法定通貨(円やドル)だけでなく、ビットコインやイーサリアムイリアムなど仮想通貨での出金の可能です。

ただし、手数料がかかる点と出金に約1〜2営業日かかる点には注意してください。

FOCREX口座の使い方

FOCREX口座では、FXのようにMT4ではなくFOCREXと呼ばれるツールで取引を行います。

そのため、初めてFOCREX口座を開設した方は、どのように使えばよいのかわからないのではないでしょうか?

そこで、FOCREX口座の画面の見方や取引手順を解説します。

FOCREX口座の画面の見方

まず、FOCREX口座にログインすると、上のような画面が表示されます。

一番上のDepositは入金、Withdrawは出金を意味します。クリックするとBigBossにログインを求められるので入出金手続きをしましょう。

そして、左上にあるのは仮想通貨の選択画面です。ドル建てとビットコイン建てがあります。

左下のBALANCESは、現在保有している仮想通貨の量です。この画面では、どの仮想通貨も保有していないので、0になっています。

真ん中の上に表示されているのが、選んだ仮想通貨とその価格です。

すぐ下にあるのがチャートで、時間足の切り替えやインジケーターの表示などを行い、テクニカル分析ができます。

取引をする際には、真ん中の下にあるBuyとSellと書かれたボタンで行います。

右側にあるORDERBOOKは板情報のことで、現在どの価格帯にいくらの注文が入っているのか確認できます。

板情報は、MT4では見れないので、取引ツールとしてはFOCREXの方が高機能といえますね!

FOCREX口座で取引を行う手順

ここからはFOCREX口座でどのように取引を行うのか、EXコインを例に解説します。

まず、事前にFOCREX口座を開設しておいてください。BigBossからFOXREX口座開設のお知らせというメールが届きます。

FOCREXのホームページにアクセスして、口座番号とパスワードを入力してログインしましょう。

すると、FOCREX口座にアクセスできるので、左上にある通貨の中からEXC/USD(EXコイン)をクリックしてください。

次に右側のORDERBOOKを確認します。買う時は、緑色で表示された価格のうち一番中央に近い価格を選択しましょう。

真ん中の左側に表示されているPriceに価格が自動反映されます。そして、Amountに取引したい量を入力して、最後に緑色のBuyボタンをクリックしてください。

これで、取引が完了します。

なお、仮想通貨を売りたい時は、ORDERBOOKの赤色で表示された価格のうち一番中央に近い価格を選んでください。

まとめ:BigBossは仮想通貨の現物取引ができる数少ない業者!

BigBossは、仮想通貨の現物取引ができる数少ない業者です。そのため、リスクをあまり取りたくない方や長期的に取引をした方におすすめです。

FOCREX口座はMT4と見た目が違うので、慣れるかどうか不安な方もいるかもしれません。ただ、海外FX初心者の方でもすぐに慣れるでしょう。

そして、EXコインの取引ができるのは、世界を見渡してもBigBossしかありません。EXコインは今後価値が上昇する可能性があります。

価格が上昇する前に、FOCREX口座の開設をしましょう!

BigBoss公式ページで詳しく見る

タイトルとURLをコピーしました