【BigBossは詐欺?】疑われる3つの理由と口コミから安全性を解説!

BigBoss

海外FX業者は「詐欺が多い」「怪しい」と思っている方が多いのではないでしょうか?

BigBossはXMやGEMFOREXほど利用しているトレーダーが多くないので、評判も見つかりにくいのが現状です。

そこで今回は、

  • BigBossが詐欺だと思われる理由3つ
  • 利用者の口コミや評判
  • BigBossの安全性

などについて解説していきます。

実際に利用したトレーダーの口コミをTwitterより引用してお伝えするので、より客観的な評判がわかります。BigBossが安全なのか知りたい方はぜひ参考にしてください。

BigBoss公式ページで詳しく見る

BigBossが詐欺業者と疑われている理由

ネット上でBigBossの評判を見ると、知名度が高くなく、評判も高いとはいえないため「詐欺業者なのでは?」と疑っている方もいます。

しかし、そのような評判は、根拠のないデマです。

海外FX業者の中には、実体の怪しい会社も存在します。しかし、BigBossは決して詐欺を働くFX業者ではありません。

まずはBigBossが詐欺業者だと疑われやすい理由について見てみましょう。

具体的には以下の3点です。

  1. 金融庁から警告されているから
  2. ニュージーランドの金融ライセンスを抹消されたから
  3. 一部のユーザーが出金拒否をアピールしているから

順番に解説します。

1.金融庁から警告されているから

BigBossは、2017年2月に日本の金融庁から「無登録の金融商品取引業者」として警告を受けたことがあります。

なぜなら、日本の法律では海外FX業者が日本居住者を勧誘することが禁止されているからです。

なお、禁止されているのはあくまでも勧誘行為だけ。勧誘さえしていなければ、日本の金融庁に無登録でも、サービスの提供は違法になりません。

そのため、BigBossや他の海外FX業者は、公式サイトのページ下に「日本居住者はサービス対象外」と記載しています。

つまり、あくまでもBigBossの日本語ページは、日本居住者ではなく日本語がわかる海外居住者を対象にしているというスタンスです。

また、トレーダーが海外FX業者を利用しても、脱税でもしていない限りは罰則を受けるケースはありません。

その理由は、海外のサービス利用を規制する法律がないからです。

2.ニュージーランドの金融ライセンスを抹消されたから

BigBossは元々ニュージーランドに拠点があり、金融ライセンスも取得していました。しかし、事務手続きの行き違いでライセンスが剥奪されました。

とはいえ、BigBossが何か重大な問題を起こしたわけではありません。

「LAND-FX」も同じ理由でニュージーランドの金融ライセンスが抹消されているので、ライセンスはく奪=詐欺業者とは一概にはいえません。

BigBossは、現在セントビンセント・グレナディーンのライセンスのみを保有しています。

3.一部のユーザーが出金拒否をアピールしているから

過去にBigBossを利用したユーザーが、不正取引を理由に出金拒否をされてネット上で悪評を流しています。

当然ながら、どの海外FX業者も不正取引があれば出金拒否をします。そんなに不正取引をする日本人ユーザーが多いのか疑問に感じるかもしれません。

しかし実際は、日本人でも不正な取引をする方が多く、業者側も困っているのが実情です。なお、普通に取引をしていれば、出金拒否をされることはないので、ご安心ください。

危険な詐欺業者を見極めるポイントはこちら!

BigBossを利用しているトレーダーの評判とは?

詐欺の噂が嘘であったとしても、実際に利用しているトレーダーの声を聞かないと安心できないと感じている方も多いでしょう。

そこで、Twitter上で確認できたBigBoss利用者の生の声を、傾向を分析しながらご紹介します。

良い評判

まず、良い評判から見ていきましょう。

BigBossは約定拒否もなくスピードも早いという口コミは多く見つかりました。

こちらはBigBossの入金キャンペーンの口コミです。BigBossの特徴のひとつにキャンペーンが充実している点が挙げられます。

BigBossのメリットには出金スピードの早さもあります。前日の夕方に申請して翌日の昼に入金されるのであれば安心して取引できる方も多いのではないでしょうか?

悪い評判

次に、BigBossに対するネガティブな評判についても確認しましょう。

メンテナンス作業のメールが来た方のTwitterに対して、リツイートされた内容です。海外FX業者では定期的にメンテナンスを行っていますが、その時間はFX市場が動いていない土日がほとんどです。

BigBossも土曜日にメンテナンスをするケースがほとんどです。ただ、この時は緊急メンテナンスだったので、取引時間中に行われました。

メンテナンス中はMT4にログインできなくなり、トレードもできません。悪くいわれても仕方がないでしょう。

BigBossはポンドオージーのスプレッドが広がりやすいという意見ですが、これは他の海外FX業者にもいえることです。

FX業者によって、スプレッドが広がりやすい通貨ペアと狭い通貨ペアがあるので、それぞれ確認しておきましょう。

こちらの方は、スプレッドや約定力、出金手数料について指摘をしています。

ただ、約定力については評価しているユーザーも多いです。

BigBossの安全性について解説!

安全性の高い業者もあれば、詐欺業者もあります。BigBossはそこそこ安全性が高いFX業者といえます。

その理由は3つ。

  • 取得しているSVGの金融ライセンスは並レベル
  • 資金は分別管理しかない
  • 出金はスムーズ

詳しく解説します。

取得しているSVGの金融ライセンスは並レベル

BigBossはニュージーランドの金融ライセンスを抹消されましたが、セントビンセント・グレナディーン(SVG)の金融ライセンスは取得しています。

このライセンスは、決して取得が難しいものではありません。

加えて、他社のようにグループ会社が信頼性の高いEU圏やイギリスのライセンスを取得しているわけでもありません。

とはいえ、他の海外FX業者も同様にオフショア地域から金融ライセンスを取得しているため、ある程度は信頼できるといえるでしょう。

海外FXの金融ライセンスの種類と信頼性はこちら!

資金は分別管理しかない

BigBossは顧客から預かった資金をBigBossの運転資金と切り離す「分別管理」にしか対応していません。

ただ、分別管理では必ずしも安全とまでは言い切れないのが実情です。なぜなら、第三者が管理状況を監視をしているとは限らないからです。

万が一、BigBossが破綻すると、預けたお金が戻ってこないリスクがあります。

ただし、海外FXで信託保全に対応している業者は多くありません。したがって、信託保全ではない業者は危険というわけでないので、ご安心ください。

出金はスムーズ

一般的に出金がスムーズでない海外FX業者は、詐欺の可能性が高いといえます。

なぜなら、詐欺業者の場合、利益が出ていても出金に応じてもらえない事例が多いからです。

BigBossの評判や口コミでは、出金がスムーズという内容が多くあったため、比較的信頼できる海外FX業者だと判断できますね。

以上のことから、BigBossは海外FXのなかでは、そこそこ信頼できる業者といえるでしょう。

まとめ:BigBossは評判が高く安心して利用できる


BigBossは過去に金融ライセンスをはく奪されたり知名度が低かったりしたことが原因で、一部のユーザーから批判的な指摘を受けています。

しかし、出金拒否をされたという口コミの多くは、トレーダーによる不正取引が原因です。

また、BigBossの約定力やキャンペーンの充実さ、出金の早さを評価している口コミも多いので、安心できるFX業者だと判断できます。

BigBossは、さまざまなキャンペーンもやっているので、チャンスを逃さないうちに口座開設しておきましょう。

BigBoss公式ページで詳しく見る

タイトルとURLをコピーしました