BigBossでEAを設定する方法&自動売買のメリットを解説!

BigBoss

「夜遅くまでトレードしているので、精神的・体力的にも疲れている」
「自分でトレードしたくても集中できる環境でなくて困っている」
などの悩みを抱えていませんか?

BigBossでは、EAを使って自動売買ができます。自動売買なら、忙しくてもソフトが勝手に注文してくれるので、トレードが楽になります。

ただ、EAの設定方法がわからなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

  • BigBossでEAを使った自動売買を始める方法
  • 自動売買をやるメリット
  • 正しいEAの選び方

について詳しく解説します。

この記事を読めば、すぐに自動売買が始められるようになるでしょう。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

BigBoss公式ページで詳しく見る

BigBossでEAを使った自動売買を始める方法を解説!

BigBossはMT4で取引できるため、インターネット上のサイトで市販あるいは配布されているEAをダウンロードすれば自動売買ができます。

ただ、自動売買に興味があっても、EAのダウンロード方法がよくわからないので諦めている方も少なくないので、以下でBigBossのMT4にEAをインストールする手順を解説します。

  1. BigBossの口座開設を行う
  2. MT4をインストールする
  3. 自動売買ソフトを購入しダウンロードする
  4. プラットフォームに自動売買ソフトを設定する
  5. EAを試しに少額の資金で動かしてみる

1.BigBossの口座開設を行う

まずはBigBossの口座開設をしてください。

すぐに口座開設をしたい場合は、クイック口座開設ならたった3分で完了します。

BigBossの口座開設手順はこちら!

2.MT4をインストールする

次にMT4をインストールしましょう。EAを使えるのは、パソコン版のみです。スマホやタブレット版などは、EAをダウンロードできないため、自動売買ができません。

BigBossの公式サイトから上にある「取引プラットフォーム」にカーソルを合わせてください。そして「MT4のダウンロード」をクリックしましょう。

上の画面になるので、名前やメールアドレスなどの入力を済ませて、Mac版かWindows版をダウンロードしましょう。

Windows版の方が設定しやすいので、MacユーザーであってもWindows版を推奨します。

自動売買をする場合、VPS(仮想環境で Windowsが使える)の契約が必要になるので、どちらにしてもWindows版を選びましょう。

3.EAを購入しダウンロードする

続いてEAをダウンロードしましょう。EAはインターネット上のサイトで市販されているものや無料で配布されているものがあります。

ダウンロード自体は、数分でできます。

4.プラットフォームに自動売買ソフトを設定する

EAのダウンロードが済んだら末尾がex4のファイルがパソコンに入っているはずです。

右クリックしてコピーしましょう。

MT4を起動し、ファイルからデータフォルダを開いてください。

MQL4をクリックしましょう。

上の画面になるので、Expertsをクリックします。

この画面にはEAが含まれています。どこでもいいので、右クリックしてペーストすれば、EAのファイルが挿入されます。

MT4に戻ってください。

この時点では、まだEAがMT4に反映されていません。MT4の再起動を行いましょう!

再起動をすると、左のエキスパートアドバイザにダウンロードしたEAが表示されます。EAをチャート上にドラッグ&ドロップしてください。

なおこの時点では、右上のマークは不機嫌な表情です。

チャート上にドラッグ&ドロップすると、上の画面が出てくるので、EAの設定を行い「自動売買を許可する」にチェックを入れてください。

なお、EAを初めてダウンロードした段階では、まだパラメータの入力をいじる必要はありません。

OKをクリックすれば、この画面は閉じます。

MT4の右上を見てください。ニコニコマークに変わっていれば、EAが稼働しています。

ここまでの手順を行っても稼働していない場合は、左上にある自動売買をクリックすれば、稼働します。

EAを試しに少額の資金で動かしてみる

EAを設定したら、早速たくさん稼いでもらおうと、大きめのロットで取引をしてはなりません。

EAが本当に稼げるのか判断するために、最初は少額の資金だけ入金し、小さめのロットで取引しましょう。

EAを稼働させた結果、思ったよりも稼げなければ、大損してしまうからです。しばらく動かしてみて、問題なく稼げるようであれば、ロットを大きくしましょう。

BigBossのMT4でEAを使った自動売買をやるメリット

BigBossのMT4ではEAを使った自動売買ができます。ただ、自動売買をするメリットは何なのでしょうか?

EAで自動売買をするメリットは3つあります。

  1. 感情に左右されない
  2. 寝ている間や忙しい時間帯もトレードしてくれる
  3. 勝てるEAを見つければ不労所得になる

順番に見ていきましょう!

1.感情に左右されない

多くの初心者トレーダーは、感情のままにトレードしてしまいます。以下のような行為は、代表例です。

  • 「損するのが嫌でついつい損切りを延ばしたくなる」
  • 「利益がまだ伸びそうだから引っ張ってたら、利益が大幅に減ってしまった」

しかし、EAなら自分の意思とは関係なく淡々とトレードを行ってくれます。そのため、EAのルールがしっかりしていれば、コツコツと利益を積み重ねてくれるでしょう。

自分の感情のコントロールが苦手な方にはぴったりの方法ですね!

2.寝ている間や忙しい時間帯もトレードしてくれる

EAは、相場が動いている時間帯はずっと稼働し続けています。

あなたが仕事をしたり寝たりしている時間帯も、トレードチャンスを逃さないので、自分でトレードするよりも稼げる可能性があります。

忙しくてトレードをする時間がなかなかない方こそ、自動売買がおすすめです。

3.勝てるEAを見つければ不労所得になる

EAにはピンからキリまでありますが、長期的に勝てるEAを見つければ、不労所得にもなり得ます。

チャートに張り付く必要もないので、家族との交流や自分の趣味に時間を使えます。

まずは、長期的に利益を出してくれるEAを探すのが重要です。

EAを使った自動売買をする際の注意点3つ

BigBossのMT4でEAを使って自動売買をする際、いくつかの注意点があります。

  1. トレードの技術は身につかない
  2. 購入費用が高いほど成績がよいとは限らない
  3. 相場環境によっては大損する

自動売買で長期的に稼ぎたいのであれば、これらの注意点は必ず頭に入れておきましょう。

1.トレードの技術は身につかない

自動売買をする場合、EAをMT4にセットしたら後はEAが利益を出すのを待つだけです。しかし、肝心のトレード技術は身につかないでしょう。

というのも、トレード技術を身につけるためには、自分で毎日にようにテクニカル分析を行って値動きを予測する必要があるからです。

EAを探したり設定をしたりするのは、トレード技術とは全く関係ありません。

そのため、EAが相場環境の変化などの原因で勝てなくなれば、自分の力ではどうしようもできなくなるでしょう。

2.購入費用が高いソフトほど成績がよいとは限らない

EAのような自動売買ソフトは、無料のものから100万円以上するものまでさまざまです。

購入費用が高いEAほど素晴らしい成績を挙げてくれると信じていませんか?

実は、どんなに費用が高くても、大損するEAもたくさんあります。そのため、費用面だけを見てEAを選んでもよい結果は得られません。

むしろ無料や数千円程度のEAでも、安定的に利益が発生するEAもあります。

3.相場環境によっては大損する

EAで稼ぐ上で難しいのは、相場環境によっては大損するケースが多い点です。

EAの中には、月利40%以上の利益を上げているものもあります。しかし、そのようなEAの多くは、相場環境が変化した途端に、証拠金の全額を失うほどの損失が発生します。

そのため、リターンが多いEAを選ぶ際は、常に大損するリスクがある点を気にしておきましょう。

正しいEAの選び方を解説

EAは日本だけでなく世界中のトレーダーが日々開発しているため、その数は数万以上です。

ただ、どのEAを選べば、勝てる可能性があるのかわからない方が大半ではないでしょうか?

そこで、正しいEAの選び方について解説します。

  1. フォワードテストの結果がよい
  2. 検証期間が半年以上で取引回数が200回以上
  3. 最大ドローダウンが30%未満
  4. プロフィットファクターが1.5以上

詳しく見ていきましょう。

1.フォワードテストの結果がよい

EAの過去の成績はバックテストやフォワードテストを確認すればわかります。2つのうち、重視したいのは、フォワードテストの結果です。

バックテスト 過去に稼働させた際の成績
フォワードテスト 現時点も稼働しているEAの成績

実はバックテストの成績は、あくまでも過去のデータなので、少しいじって利益率や損益を改ざんできます。

そのため、バックテストだけでEAが勝てるか判断するのは難しいのが現状です。

しかし、フォワードテストであれば、現在も実際の口座を使って運用しているので、より正確に損益状況がわかります。

2.検証期間が半年以上で取引回数が200回以上

EAを選ぶ時は、できるだけ検証期間が短すぎないものを選んでください。

最低でも検証期間が半年以上あり、取引回数が200回以上あれば、役に立たないEAを手に入れるリスクは減ります。

為替相場は、トレンド相場が3割、レンジ相場が7割といわれています。

年間の値動きを見ても、トレンドが明確な時期とそうでない時期が繰り返されているので、どちらの相場環境でも稼げるものを選びましょう。

3.最大ドローダウンが30%未満

証拠金を全額失うリスクを避けたいなら、最大ドローダウンが30%未満のEAを選んでください。

ドローダウンとは、期間中で最も損益率が悪化した時期の割合です。証拠金が100万円のEAであれば、一時的に70万円まで落ち込むくらいであれば問題ありません。

しかし、60万円、50万円と証拠金が大幅に減っていくEAは、大損するリスクが高くなるので注意が必要です。

ドローダウンについては、フォワードテストで確認しましょう。

4.プロフィットファクターが1.5以上

EAを選ぶ際には、プロフィットファクターが1.5以上あるものが望ましいです。プロフィットファクターとは、利益が損失の何倍かを表す数値で、以下のように計算できます。

利益額÷損失額

例えば、利益が50万円、損失が10万円の場合のプロフィットファクターは、5.0です。

このケースの場合、損失よりも利益額が損失額の5倍もあるので、利益が出やすいといえるでしょう。

ちなみに、国内でインジケーターやEAを販売しているGogoJungleでも人気のあるKUNAI_USDJPYのプロフィットファクター見ると、1.88でした。

出典:KUNAI_USDJPY販売ページ|GogoJungle

販売開始したのは2019年7月なので、既に2年以上が経過しており、比較的優秀なEAですね。

平均損失が平均利益を上回っているものの、勝率が7割以上なので、プロフィットファクターの数値が1超えています。

このように、自動売買で勝つためには、長期的に成績のよいEAを選ぶ必要があります。

自動売買に最適な海外FX業者の選び方はこちら!

まとめ:BigBossならEAを使って自動売買できる環境がある

BigBossの取引ツールであるMT4は、EAをダウンロードして設定をすれば、自動売買ができます。

そのため、時間がない方や夜中も利益の得られるチャンスを逃したくない方は、自動売買も検討してみてください!

BigBossは約定力が高く、スプレッドもまずまず狭いので、自動売買でスキャルピングやデイトレードも可能です。

口座開設もたった3分でできるので、ぜひ利用してみてください!

BigBoss公式ページで詳しく見る

タイトルとURLをコピーしました