BigBossは仮想通貨の取引がおすすめ! レバレッジや取扱通貨を徹底比較!

BigBoss

BigBossでは、仮想通貨の取引もできます。

ただ、「どんな銘柄が取引できるのか」「BigBossで仮想通貨の取引をするメリットはあるのか」考えている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

  • BigBossが取り扱っている銘柄
  • BigBossで仮想通貨の取引をおすすめする理由
  • 他社との条件の比較

などについて解説します!

この記事を読めば、BigBossで仮想通貨の取引をするメリットがわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!
BigBoss公式ページで詳しく見る

BigBossでは仮想通貨の取引ができる

BigBossには「スタンダード口座」「プロスプレッド口座」「FOCREX口座」の3つの口座があります。

このうち「スタンダード口座」と「FOCREX口座」で仮想通貨の取引ができます。

ただ、それぞれの口座によって特徴が異なるので、順番に見ていきましょう。

スタンダード口座は仮想通貨の取引もできる

スタンダード口座では、FXだけでなく仮想通貨CFDの取引が可能です。

取扱銘柄は、以下の15種類(39通貨ペア)です。

  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • BCH
  • LTC
  • EOS
  • NEO
  • UNI
  • DOGE
  • BNB
  • DOT
  • XLM
  • ENJ
  • ADA
  • AXS

ビットコインやイーサリアムなど有名で時価総額も高い仮想通貨も多く取り扱っています。また、円やドル建てだけでなく、テザーコインとの組み合わせも取引可能。

レバレッジ50倍で取引できるので、資金が少ない方でも効率的に稼げる可能性があります。

FOCREX口座は仮想通貨専用の口座

BigBossでは、FOCREX口座と呼ばれる仮想通貨専用の口座もあります。

FOCREX口座では、現物取引のみ可能となっており、レバレッジはかけられません。

そのため、スタンダード口座のように効率よく利益を得るのは難しいですが、負けた時の損失も抑えられます。

FOCREX口座で取り扱いしている銘柄は、以下の6種類です。

  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • NEO
  • EXC
  • RSVC

ちなみに、EXコインは、FOCREX口座でしか購入ができない仮想通貨です。そのため、EXコインに興味がある場合は、FOCREX口座を開設しましょう。

また、現物取引なので強制ロスカットの制度がありません。つまり、多少含み損が拡大しても、ずっと保有し続ける方法も可能です。

自分で損切りしない限り損失にはならないので、再び価格が上昇するまで待ち、利益が出てから利確できます。

仮想通貨を取引するならスタンダード口座とFOCREX口座のどちらがおすすめ?

ここまで、スタンダード口座とFOCREX口座について解説してきました。では、どちらの口座がおすすめなのでしょうか?

それぞれ解説します。

効率的に稼ぎたい方はスタンダード口座がおすすめ

効率的に資金を増やしたいのであれば、レバレッジ50倍で取引ができるスタンダード口座を選びましょう。

そもそも、レバレッジ50倍とレバレッジ1倍では、保有できるポジションにも大きな差があります。

例えば、1ETHの価格が40万円とします。1ETHを購入する場合、それぞれ必要な証拠金は以下の表の通りです。

スタンダード口座(レバレッジ50倍) 2万円
FOCREX口座(レバレッジ1倍) 40万円

仮にレバレッジ50倍のスタンダード口座の資金が40万円ある場合、1ETHあたりの必要証拠金は2万円なので、20ETHくらいまで購入できます。

しかし、レバレッジ1倍のFOCREX口座の場合、1ETHあたりの必要証拠金は40万円です。したがって、FOCREX口座に40万円あっても、買えるのは1ETHのみ。

当然、多くの仮想通貨を購入した方が、値上がりした場合の利益も大きくなります。

そのため、より効率的に稼ぎたいのであれば、レバレッジを効かせられるスタンダード口座の方が有利です。

ただし、レバレッジが高ければ、逆に負けた時の損失も多くなるので注意してください。

「EXコインの取引をしたい」「リスクを抑えたい」方はFOCREX口座がおすすめ

FOCREX口座は、EXコインの取引をしたい場合やできるだけ負けた時のリスクを抑えたい場合におすすめです。

EXコインはBigBossの運営するFOXREX口座でしか扱っていません。

また、現物取引であれば、保有できるポジション量も制限されるので、ポジションを持ちすぎて大損するリスクも減らせます。

あなたがどういった運用方法で稼ぎたいのかを考えた上で、選択しましょう。

BigBossで稼ぐならFXよりも仮想通貨の取引がおすすめの2つの理由

BigBossで稼ぐならFXよりも仮想通貨の取引がおすすめです。

その理由は2つあります。

  1. 仮想通貨はFXよりも値動きが激しい
  2. 土日も取引ができる

それぞれ解説しますね!

1.仮想通貨はFXよりも値動きが激しい

仮想通貨はFXよりも値動きが激しい傾向があります。

以下の画像は、ビットコインとポンド円の同時期(2021年1月~)のチャートです。

▼BTC/JPY

まず、ビットコインの価格は1月に275万円でしたが、4月には700万円まで上昇しています。

つまりたった3か月で2.5倍以上も上昇しています。しかし、その後わずか3か月で700万円の半分以下まで価格が暴落しました。

次にFXの中でも値動きが激しいといわれているポンド円の値動きについて見てみましょう。

▼ポンド円

ポンド円の場合、1月の価格が139円でした。その後6月には156円まで上昇したものの、上昇率に換算すると1.12倍です。

またその後148円まで下落しています。6月の価格から見ると、5%ほどしか下落していません。

つまり、仮想通貨の方が、短期間での値動きが激しいのです。

値動きが激しければ、1回のトレードで穫れる利幅も長くなるので、勝った時の利益は大きくなります。

とはいえ、反対に大損する可能性もあるので、FX以上に注意してトレードしましょう。

2.土日も取引できる

仮想通貨市場はFXとは違い、休みがないため土日でも動いています。

そのため、土日でも取引ができる業者を選びましょう。その理由は土日に仮想通貨に影響を与えるニュースが発生した時でも、すぐに対応できるからです。

BigBossは土日も取引ができるので、ポジションを持ち越していても、すぐに決済ができます。したがって、大損するリスクを避けられます。

しかし、土日の取引ができない業者を選んだ場合、エントリーチャンスを逃したり、金曜日から持ち越しているポジションの損切りなどができなくなります。

仮想通貨は、FXのように重大な経済指標が事前にわかるわけではありません。

土日でもすぐに対応できる業者を選んでおきましょう。

仮想通貨の取引をするならBigBossと他の海外FX業者のどっちがおすすめ?

仮想通貨取引ができる業者は、BigBoss以外にも、iFOREXやTradeviewなどいくつかあります。

そのため、仮想通貨を取引するなら、BigBossと他のFX業者のどちらがおすすめなのか気になりますよね。

そこで、仮想通貨取引において重要な

  • 最大レバレッジ
  • 土日でも取引が可能か
  • スプレッドの狭さ
  • 取扱通貨

について徹底比較したので、業者選びの参考にしてみてください!

最大レバレッジを比較!

仮想通貨取引をするなら、レバレッジがどれくらいかけられるのか気になりますよね。

高レバレッジでの取引ができれば、それだけ利益を大きく取れます。

ここでは、各業者ごとの最大レバレッジをまとめました。

BigBoss 50倍
iFOREX 10倍
Tradeview 5倍
Titan FX 20倍
Traders Trust 5倍

BigBossは最大レバレッジが50倍なので、他の海外FX業者と比べても高い水準でレバレッジをかけられることがわかりました。

高レバレッジで取引ができれば、少額からでも大きな利益が稼げる可能性があります。

そのため、少額から大きな利益を稼ぎたい方には、おすすめの業者です。

土日でも取引できるか比較!

仮想通貨の取引をするなら、土日でも取引できるかは重要です。

なぜなら、仮想通貨市場は土日も含めて毎日動いているからです。値動きも激しく、土日に発生したニュース1本で大暴落するケースもあります。

各FX業者の土日の取引状況を表にまとめてみました。

業者 土日の取引
BigBoss 取引可
iFOREX 取引可
Tradeview 取引不可
Titan FX 取引不可
Traders Trust 取引不可

BigBossは土日も取引ができるFX業者です。

そのため、土日に急な値動きが起きたとしてもすぐに対応できます。リスクが低いFX業者といえますね。

スプレッドの狭さを比較!

次に比較するのはスプレッドの狭さです。各社のスプレッドを比較してみました。

業者 BTC/JPY ETH/JPY BTC/USD
BigBoss 200pips 117pips 1104pips
iFOREX 取扱なし 取扱なし 139pips
Tradeview 10,772pips 取扱なし 260pips
Titan FX 3,400pips 1,270pips 3,100pips
Traders Trust 2,984pips 28,100pips 22,500pips

FXについては各社ともスプレッドの狭さに力を入れています。ただ、仮想通貨も同じとは限りません。

BigBossのスプレッドは、他社よりも圧倒的に狭い水準です。特に円建ての通貨ペアは他社を寄せ付けていませんね。

取引コストを抑えたい方は、BigBossがおすすめです。

取扱通貨を比較!

各業者ごとの取扱通貨を比較してみましょう。

メジャーなBTC,ETH,XRPはどの業者も扱っていますが、その他のアルトコインの取り扱い状況で差があります。

業者 取扱銘柄
BigBoss
  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • BCH
  • EOS
  • LTC
  • NEO
  • EXC
  • RSVC
  • UNI
  • DOGE
  • BNB
  • DOT
  • XLM
  • ENJ
  • ADA
  • AXS
iFOREX
  • BTC
  • XRP
  • BCH
  • ETH
  • LTC
  • ETC
  • EOS
  • DOGE
  • BNB
  • TRX
  • ADA
  • ICP
Tradeview
  • BTC
  • ETH
  • LTC
  • BCH
  • XRP
Titan FX
  • BTC
  • ETH
  • BCH
  • LTC
  • XRP
  • EOS
  • DOT
  • XLM
  • LINK
Traders Trust
  • BTC
  • ETH
  • LTC
  • BCH
  • XRP

BigBossの取り扱い銘柄は他のFX業者と比較すると、あまり多くはありません。

しかし、EXC(EXコイン)やRSVCなど、他の取引所では扱っていない仮想通貨の取引が可能です。

また、BigBossならレバレッジ50倍で取引できるので、資金が少なくても取引しやすいといえます。

BigBossなら入金ボーナスがもらえる口座で取引ができる

BigBossはときどき入金ボーナスがもらえるキャンペーンを行っています。

そのため、スタンダード口座に入金をすれば、ボーナスにより証拠金が増えた口座で仮想通貨の取引も可能です。

証拠金が増えれば、より多くのポジションを保有できます。

さらに、仮想通貨の取引でも取引ボーナスをもらえます。ボーナスのおかげで、仮想通貨の取引をする時もポジションを多く持てるので、稼ぎやすいとはいえるでしょう。

まとめ:仮想通貨の取引をするならBigBossがおすすめ!


仮想通貨の取引をするなら最大レバレッジが50倍、土日も取引ができるBigBossがおすすめです!

レバレッジが高ければ、資金が少なくても多くの利益を稼げる可能性が高くなります。

土日でも取引できるので、急激な暴落にもすぐに対応ができます。そのため、大損するリスクも抑えられます!

仮想通貨は値動きが激しいため、FXよりも稼げるチャンスがあります。たった1日で5%も変動するケースもあるので、チャンスを逃さないためにも、BigBossの口座を開設しましょう!

BigBoss公式ページで詳しく見る

タイトルとURLをコピーしました